DC(確定拠出年金)/ライフプラン研修

FP(ファイナンシャルプランナー)の知識を活かした投資教育やライフプラン研修を行い、安心できる制度の運用・定着を 長期的にサポート致します。

個人型「ideco」の加入対象者拡大に伴い、公的年金制度を補完する制度として、にわかに注目を集めている確定拠出年金。中小企業においても、ここにきて「選択制」による確定拠出年金の導入の関心が多く寄せられています。
会社・事業主そして社員の節税、社会保険料の適正化、将来の自分年金づくりなど、企業にも従業員にも大きなメリットをもたらし、国が用意した最強の制度といえます。また、将来を見据えて社員を大事にする制度を導入している会社は、今後求人をする上でも魅力的な会社と評価されます。

当事務所は確定拠出年金の制度設計や導入サポートはもちろん、導入後においても、ファイナンシャルプランナーの知識を活かした投資教育やライフプラン研修を行い、福利厚生や受託者責任の面からも安心できる制度の運用・定着を長期的にサポート致します。

確定拠出年金ご相談・導入までの流れ

  1. 御社へ訪問し、確定拠出年金(DC)の概要を説明させていただきます。
  2. 必要項目について、ヒアリングシートをさせていただき、診断させていただきます。
  3. 導入にあたってのシミュレーションや見積もりを作成し、ご提案させていただきます。
  4. 導入が決定しましたら、制度設計・導入サポートを開始させていただきます。
確定拠出年金料金
設計・導入・運用サポート一式
コンサルティング含む
個別見積もり

※役員1名様の企業様から従業員規模の大きな企業様まで、広くご相談・設計を承ります。

DC導入・継続投資教育研修

法改正により、2018年5月から企業型確定拠出年金の継続投資教育が努力義務化されます。
コンプライアンス対応としてガイドラインに沿って実施するだけでなく、福利厚生策として社員の皆様の将来に対する不安を取り除くことにもフォーカスすることで、双方にとって有意義な研修になるよう設計いたします。

ライフプラン研修

これからの時代に必要な金融リテラシーを習得とセルフマネジメント力の向上にアプローチし、人材育成研修・福利厚生施策としてご活用いただけます。

大きく変化する人生100年時代。国や会社の制度だけで人生設計や生計費を賄うことは難しく、これからの時代は『自分で考え備える時代』となります。報酬を支払うことと合わせて、長期的な資産形成のためライフプランニングの知識を提供することで、社員の皆様の安定した生活設計の実現を図ります。

「将来どうなるか分からないから何もやらない」というのは、これからの時代において非常に大きな機会損失です。「現状把握と将来予測から現実を知る→必要性を感じ行動しようと思う→適切な方法を考えアクションプランを作成する」というプロセスを個人ごとの事情に置きかえ、自分自身の将来設計ができるようになります。
※ライフプラン研修は、確定拠出年金を導入していない企業様にもご活用いただけます。

特長 ~DC継続投資教育/ライフプラン研修共通~

  1. 社会保険庁・日本年金機構23年勤務のキャリアと、社労士・FPとしての社会保険およびライフプランニングの専門知識を活かした研修プログラムを設計します。
  2. 『ライフプラン・人生設計』『資産形成』『キャリア形成』を今の時代に合った知識とこれからの変化に対応できるライフプランの考え方をご提供致します。
  3. 企業様ごとのニーズの多様化に対応し、あらゆる業務・形態に沿った実施しやすい開催形式(講義形式、グループ・個人ワークショップ形式、個別面談等)を組み合わせた御社独自の研修計画を設計します。

助成金・就業規則作成のご相談は竹内FP社労士事務所まで

2018年3月30日
Pocket