助成金の申請代行

助成金の申請の代行なら竹内FP社労士事務所にご相談ください。

助成金の申請と受給までの流れ

助成金の受給は基本的に後払いです。

これから雇用をする、社員教育をするので申請して先に受給するといったことはありません。また雇用を行ってから申請するにしても、助成金の申請期間に合致していなければ、当然申請はできません。

助成金を申請して受給するためには、それに合わせて適切な計画が必要です。

例えば雇用に関する助成金の場合申請から受給までの流れは以下の通りになります。

助成金申請までの望ましい手順

従業員の雇用に関して助成金の申請を検討する場合、まずやるべきことは専門家への相談です。助成金受給のための計画を立てる上で、社労士のアドバイスを受けながらすすめていくことが最もスムーズな方法です。

全体のおおまかな流れは次の通りです。

  1. 従業員の雇用に関して助成金申請の検討を開始する
  2. 助成金申請のプロである社会保険労務士に申請の相談を行う
  3. 社会保険労務士のアドバイスの元、採用基準や必要事項の確認を行う
  4. 実際に求人を行い、新たな人材を採用する
  5. 新たな従業員の研修を開始し、同時に助成金の申請を行う

採用してから助成金相談では間に合いません!

各助成金には申請期間が定められています。この申請期間に申請をしなければ助成金を受給することはできません。そのため、人材を採用してから社労士に相談しても、それから必要事項の確認や書類の用意をしても間に合わなくなってしまいます。

助成金受給には適切な計画が必要というのは、そういった意味があるからです。助成金の受給を当て込んで人材を採用したものの、助成金の受給はおろか申請すらできないとなれば、経営にも大きく影響します。

助成金は申請から受給まで期間が長いのでご相談はお早目に!

助成金は申請すればすぐに受給できるわけではありません。提出した書類などを公的機関が審査するため、申請から実際に受給に至るまでにはそれなりの期間を要します。そういった意味でも、採用の検討を始めたらすぐに社労士に相談をし、適切なスケジューリングのもと申請を行うようにしましょう。

助成金の申請代行(1助成金あたり)の報酬について

内容一般(スポット)顧問契約
着手金10万円~5万円~
成功報酬30%20%

まずは、無料でのご相談から。

助成金といっても様々です。聞いた事ある助成金で、それが自社は対象になるのか、または他にそういう目的で受けられる助成金はないか?など、ご自身で調べるにも時間が掛かる事、なかなか分からない事もあると思います。お気軽にご相談ください。

当事務所に来所頂くか、御社事務所やご指定の駅近くの喫茶店など(エリアにより応ご相談)で一度お打ち合わせできればと思います。初回は無料でご相談を承りますので、色々とご相談ください。

助成金・就業規則作成のご相談は竹内FP社労士事務所まで

2017年8月24日
Pocket